美容に特化した鍼灸師とは?仕事内容・鍼灸師になるのに必要な資格などを解説!

美容に特化した鍼灸師をご存じでしょうか?鍼灸師の資格を取れば、様々な分野で活躍できますが、最近では自然治癒力を高める治療方法として美容鍼が再注目 され始めており、美容を専門として扱う鍼灸師も増えてきています。

今回の記事では、美容に特化した鍼灸師になるための方法について解説します。鍼灸師の仕事内容や就職先、必要な国家資格などについても解説いたしますのでぜひご覧ください。

美容に特化した鍼灸師とは

そもそも鍼灸とは鍼治療と灸治療に分かれます。灸治療は身体を温める刺激、鍼治療は筋肉を刺激する治療によって身体の不調を改善する東洋の医学技術です。鍼灸治療によって身体の自然治癒力を引き出すことを目的としており、その効果は神経痛や肩こり、冷え性などの改善だけでなく、美容効果も期待されるなど多岐にわたります。

その中でも、美容鍼は顔などに鍼治療を行う施術です。美容鍼では、顔のシワやシミ、たるみや乾燥、肌荒れなどの肌トラブルを軽減することができます。顔にあるツボに鍼治療を行い、皮下組織を刺激することによって筋力のコリの軽減、血流の改善を促していくのです。鍼灸によって新陳代謝がアップし、肌質が改善しやすくなり、肌の保水力が上がるなどの報告もあります。また、美容鍼施術に併行して、手、足、背、腹部に鍼灸刺激を加えることで自律神経の働きも整います。

美容に特化した鍼灸師は、きれいになりたいと思う方の願いを叶えるお手伝いができるお仕事なのです。近年、美容鍼とアロマセラピーを併用するサロンも増えてきています。

 

美容に特化した鍼灸師の仕事内容

美容に特化した鍼灸師は美容目的の鍼灸を行うことが仕事です。まずは、お客様の肌の悩みや、体調の不調を丁寧にカウンセリングします。そして、それらを改善できるようなツボを鍼やお灸で刺激します。アンチエイジング効果や肌荒れ軽減などの美肌効果だけでなく、血流やホルモン系、自律神経などの調節も行うことができるのが鍼灸の魅力です。また、鍼灸とは自然治癒力を高める治療法なので副作用が少ないというのも特徴です。肌が弱くて化粧品が使えなかったり、エステに通えなかったりする方も受けられる優しい施術です。

また、実際に美容鍼灸を受けて感動したことで鍼灸師を目指す方、美容系の職種を探す中で興味をもった方など、美容に特化した鍼灸師を目指す理由は様々です。きっかけは様々ですが、美しく健康になるための応援がしたいといった志をもつ人が多いです。そして美容に特化した鍼灸師は国家資格ですので、結婚や妊娠といった様々なライフイベントを迎えても、その時々に合わせた働き方がしやすいのも特徴です。国家資格を取得し、安心して長く働きやすいこともひとつのメリットだと言えるでしょう。

 

美容に特化した鍼灸師の年収はいくら?

美容に特化した鍼灸師の年収は勤務場所や働き方によって様々なので一概に述べることはできません。具体的には、鍼灸院や病院などの医療施設で働く場合は、約300~400万円前後なことが多いようです。また、独立した鍼灸師の中には700~1000万円以上の人もいます。

美容に特化した鍼灸師のお給料は、働き方や個人の経験、実力によるところが大きいようです。また鍼灸師は、医師や歯科医のように独立して開業できる国家資格なので、まずは医療施設で働いて技術を磨き、独立する人も少なくありません。最初から開業することは難しいかもしれませんが、サロンや施設で働き、経験を積んだあとキャリアアップを目指し経営者になることも目指せる職のひとつです。

 

美容に特化した鍼灸師になる方法と必要な資格とは?

美容に特化した鍼灸師になるまでの流れ

美容に特化した鍼灸師として働くためには、国家資格である「はり師」と「きゅう師」の免許を取り、登録申請する必要があります。

美容で活躍する鍼灸師になるために、美容に関する知識や技術を学んでおくと良いでしょう。美容鍼灸ではお客様の大切なお顔を施術することになります。お肌を過剰に傷つけることなく、また痛みや不安を感じることなく安心して施術を受けていただくために、きちんと学んでおくことが大切です。手先が器用であるということや、お客様と円滑なコミュニケーションをとれるということも、美容を提供する鍼灸師に必要なポイントかもしれませんね。

それらを勉強し、身に着けるためにも、鍼灸師の免許を取得できる専門の学校に通うことがおすすめです。専門学校に通うことで、国家試験の勉強はもちろんのこと、美容鍼灸について専門的な知識を学ぶことができます。

 

はり師・きゅう師の資格を取るには?

これらの資格を取るには、受験資格を満たさなければいけません。その受験資格とは、鍼灸科のある学校で一定のカリキュラムを修了することです。

また、これらの国家試験は年に1回、2月下旬に筆記試験で行われます。「はり師」と「きゅう師」の資格をそれぞれ受験しなければいけませんが、同時に受ける場合は共通科目が免除されます。試験科目は、共通科目が12科目、それぞれの専門科目が1つずつあります。また、はり師、きゅう師各170問中60%以上取れれば合格です。難易度としては、学校に通いきちんと勉強できれば合格できる試験だと言えるのではないでしょうか。

 

美容に特化した鍼灸師の就職先とは?

美容に特化した鍼灸師の場合は、特に美容鍼灸サロンや女性向けのエステサロンなどに就職しています。また、鍼灸師は独立・開業も可能な資格のひとつなので医療施設やサロンなどで経験を積み、技術を磨いた後独立してキャリアアップする人もいます。

最近では、薬を使わず自然治癒力を引き出して治療する鍼灸の良さが見直され始めています。そのため、スポーツ専門の鍼灸、高齢者用の鍼灸、美容のための鍼灸など専門的な鍼灸師が増えてきています。今後その傾向はもっと高まると思いますので、美容分野で鍼灸師を目指すのはとてもおすすめです。

 

まとめ

今回は美容に特化した鍼灸師になるための方法を解説しました。美容を目的とした施術を行う鍼灸師はお客様が綺麗になるためのお手伝いができる素敵な仕事です。そのためには鍼灸や美容について学び、はり師、きゅう師の国家資格を取らなければいけません。学校を選ぶときには、その夢を叶えられる環境がきちんと整っているかをチェックすることも必要です。

まずは、鍼灸について学べる学校に入学し、夢への第一歩を踏み出しましょう。

東日本医療専門学校ができること

・国家資格合格率鍼灸スポーツ科学科100%

・現場の仕事を体感し、学ぶことができる

・「クラス担任制」&「マンツーマン指導」で国家資格合格までしっかりフォロー

・1年次から段階的な「国家試験対策」を徹底し、合格へのステップアップをフォロー

お問い合わせは「こちら」からできますので、お気軽にご相談ください!

Instagramはこちら
オープンキャンパスご予約はこちら

お役立ちコラム一覧へ戻る

TOP