スポーツトレーナーは運動音痴でもなれる?運動音痴でも目指せるトレーナーを解説!

「スポーツトレーナーになるには、運動音痴でも大丈夫なの?」
そんな疑問を抱えていませんか?

この記事では、スポーツト

トレーナーとして活躍するための秘訣をお伝えします。運動音痴であっても、適切な知識とトレーニングを身につけることで、自信を持ってトレーナーの道を歩むことができるでしょう。運動音痴は、プロフェッショナルな知識と技術でカバーできるのです。

この記事を読むことで、運動音痴だからと諦めるのではなく、スポーツトレーナーとしての可能性を広げることができます。ぜひ参考にしてみてください。

運動音痴でもスポーツトレーナーになれる?

スポーツトレーナーになるためには、運動音痴であるということはネックになりません。一般的には、「アスリートとしての優秀な成績がある」「運動ができる」というイメージがありますが、実際には対象とする人や環境によって求められる能力が異なります。

例えば、高校生や大学生を対象としたスポーツトレーナーの場合、動き方の指導まで行うことがありますので、運動音痴だと難しい部分もあるかもしれません。しかし、プロスポーツの場合は分業が進んでおり、トレーニング指導とケアが役割分担されています。そのため、運動音痴であっても問題ないのです。

運動音痴でも目指せるスポーツトレーナーの種類

以下のトレーナーは、運動音痴であっても活躍できる可能性があります。スポーツトレーナーとしての道を目指す際には、自身の関心や能力に合わせて適切な分野を選びましょう。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、主にケガの対応やケガからの復帰サポート、そしてケガの予防に関わります。その役割は、選手が安全に競技を行うためのサポートをすることです。

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーは、整形外科などの医療機関で勤務し、ケガをした人の運動機能を回復させることが主な仕事です。選手の健康管理や復帰へのサポートも重要な役割として担います。

メディカルトレーナーは専門性の高い仕事であり、医療系国家資格が必要です。

スポーツインストラクター(フィットネストレーナー)

スポーツインストラクターまたはフィットネストレーナーは、フィットネスクラブやジムに通う人々を対象に、運動指導や筋力トレーニング、ストレッチ、マシンの使い方などを指導します。

一般の人々の健康促進に貢献する重要な存在です。

パーソナルトレーナー(一般人向け)

パーソナルトレーナーは、フィットネスジムなどで個別にトレーニングを受ける人に対し、マンツーマンでトレーニング指導や栄養指導を行います。

一般の人々の健康や体力向上をサポートする重要な役割を果たします。

運動音痴でもスポーツトレーナーに向いている人の3つの特徴

ここでは、運動音痴でもスポーツトレーナーに向いている人の特徴を解説します。

ホスピタリティを持っている

スポーツトレーナーには、ホスピタリティ(おもてなしの心)を持つことが重要です。

運動音痴であっても、人々の健康やパフォーマンス向上のサポートをするために、温かく対応し、配慮することが求められます。トレーナーとしての仕事は、選手やクライアントとの信頼関係を築くことにも大きく関わります。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力は、スポーツトレーナーにとって不可欠なスキルです。

運動音痴であるトレーナーでも、クライアントや選手と円滑なコミュニケーションを図ることができれば、適切な指導やアドバイスを提供することができます。聞く力や説明力、モチベーションを引き出す力など、幅広いコミュニケーションスキルを磨くことが重要です。

成長意欲・向上心がある

スポーツトレーナーとしての成長意欲と向上心は、運動音痴でも大いに役立ちます。

常に最新の知識や技術を学び、トレーニングメソッドやリハビリテーションの進歩に敏感になることが重要です。自身の専門知識を深めることで、運動音痴でもクライアントや選手に最適なサポートを提供することができます。意欲的に学び、自己啓発に取り組む姿勢は、優れたスポーツトレーナーにとって欠かせません。

スポーツトレーナーとして活躍するのに必要な2つのこと

スポーツトレーナー関連の資格を取る

スポーツトレーナーとして活躍するためには、スポーツトレーナー関連の資格を取得することが重要です。

資格を取ることによって、専門的な知識や技術を身につけることができます。例えば、日本スポーツ協会公認のトレーナー資格や救急救命士の資格などがあります。これらの資格を持つことで、信頼性や専門性を高め、クライアントや選手からの信頼を得ることができます。

人脈を作る

スポーツトレーナーとして活躍するには、人脈を築くことも重要です。特にプロスポーツに携わりたい場合は、人脈を作ることが大切です。

関連する団体やクラブ、トレーナーやコーチの交流会やセミナーなどに参加し、他の専門家や業界の人々とのつながりを広げましょう。人脈を通じて情報や仕事の機会を得ることができるだけでなく、経験や知識の共有も行えます。

積極的にコミュニケーションを取り、人脈を築くことでスポーツトレーナーとしての活動範囲を広げることができます。

まとめ

運動音痴でもスポーツトレーナーになることは可能です。そのためには、適切な学びと資格取得のサポートが必要です。

東日本医療専門学校は、スポーツトレーナーを目指す方におすすめの学校です。当校では、スポーツトレーナーとして必要な知識や技術を網羅的に学ぶことができます。さらに、スポーツトレーナーとしてのアドバンテージを高めるための資格取得サポートも手厚く行っています。

東日本医療専門学校には、4つの強みがあります。

  • スポーツ関連科目が充実している
  • プロスポーツ研修を実施している
  • 「クラス担任制」と「マンツーマン指導」で国家資格合格へ導くフォロー体制
  • 1年次からの段階的な「国家試験対策」の補習指導で合格につなげられる

運動音痴でもスポーツトレーナーになりたい方へ、東日本医療専門学校が確かな学びと資格取得のサポートで応援します。

お問い合わせはこちら

オープンキャンパスご予約はこちら

お役立ちコラム一覧へ戻る

TOP