スポーツトレーナーの1日のスケジュールとは?知っておくべき2つのポイントも解説

この記事では、スポーツトレーナーの1日のスケジュールを詳しく解説します。スポーツトレーナーを目指そうとお考えの方は、本記事を参考に1日の流れをイメージしてみてください。

スポーツトレーナーの1日のスケジュールとは?

スポーツトレーナーの1日のスケジュールを、パターン別にご紹介します。

プロチームに所属するスポーツトレーナーの場合

プロチームに所属するスポーツトレーナーの一日は、決められた時間帯での労働というよりは、チームや選手の活動スケジュールに沿って動くものとなります。

通常の企業勤務とは異なり、練習や試合が行われる時間に合わせて仕事をするため、休息時間もチームの活動に合わせて取ることになります。

例えば、プロ野球チームのスポーツトレーナーとして働く場合は以下のようなスケジュールになります。

13:00 球場に入る

16:00 練習後のマッサージ

18:00 試合中のマッサージや怪我の対応

21:00 試合終了後のマッサージ

23:00 帰宅

整骨院と大学の部活のスポーツトレーナーを兼業する場合

整骨院と大学の部活動のスポーツトレーナーを兼業する場合、そのスケジュールは非常に多様です。練習場へ顔を出すのは週に1回から3回程度ですが、大会やリーグ戦が行われるときは訪問回数が増える傾向にあります。

スケジュールの一例をご紹介します。

09:00 整骨院に出勤し、一般患者の対応

14:00 大学へ向かう

15:00 ミーティングや指導、怪我の対応

19:00 帰宅

これはあくまで一例であり、実際のスケジュールは各大学の部活動や整骨院の状況によります。

スポーツトレーナーのスケジュールで知っておくべきこと

スポーツトレーナーのスケジュールにおいて、知っておくべき2つのポイントについて解説していきます。

選手よりも早く出勤する

スポーツトレーナーは、練習前に、怪我をしている選手やコンディションが悪い選手のサポートをする必要があります。そのため、全体の集合時間よりも前に出勤し、各選手の状況に応じて対応することが必要です。

具体的には、ケガをした選手のケア、コンディションが悪い選手のサポート、あるいはテーピングの提供などが挙げられます。さらには、集合した選手たちの表情や様子を見ることで、その日のコンディションを把握する必要もあります。

帰宅はチームで最後になる

スポーツトレーナーの仕事は、練習後も続きます。

練習後にはマッサージを必要とする選手のケアやアドバイスを求める選手のサポートが求められます。また、筋力トレーニングや追加の練習を行う選手のサポートも必要とされることがあります。

これらの業務が終了するまでスポーツトレーナーは帰ることができず、その結果として帰宅がチームで最後になることは珍しくありません。スポーツトレーナーは、選手の健康とパフォーマンスを最優先に考え、自身の時間を惜しまずにサポートを行う必要があります。

スポーツトレーナーに休日はある?

スポーツトレーナーの仕事は、選手やチームのスケジュールと密接に関連しています。そのため、一般的な職業と比べて休日が定まっているわけではありません。

大会や試合が迫るときは特に、選手の体調管理やパフォーマンス向上のために、トレーナー自身の休日が削られることも多々あります。選手の健康とパフォーマンスを最優先に考えるスポーツトレーナーにとって、それは仕事の一部と受け止める必要があるでしょう。

それぞれのチームや選手の状況によって休日の取り扱いは変わるので、フレキシブルな働き方が求められる職種と言えます。

まとめ

今回の記事では、スポーツトレーナーの1日のスケジュールについて解説してきました。

スポーツトレーナーはチームに合わせて行動する必要があるため、1日のスケジュールや休日も不規則になりがちです。

スポーツトレーナーを目指す方には、東日本医療専門学校がおすすめです。

この学校は、スポーツトレーナーとして身につけるべき知識と技術を幅広く提供しています。また、業界での優位性を確保するために資格取得のための充実した支援も提供しています。

 

東日本医療専門学校には、4つの強みがあります。

  • スポーツ関連科目が充実している
  • プロスポーツ研修を実施している
  • 「クラス担任制」と「マンツーマン指導」で国家資格合格へ導くフォロー体制
  • 1年次からの段階的な「国家試験対策」の補習指導で合格につなげられる


これらの要素が組み合わさった教育体制により、東日本医療専門学校はあなたのスポーツトレーナーとしての成功を確実に支えます。

 

お問い合わせはこちら

Instagramはこちら
オープンキャンパスご予約はこちら

お役立ちコラム一覧へ戻る

TOP