スポーツトレーナーになるには大学と専門学校どちらがおすすめ?メリット・デメリットを解説!

「スポーツトレーナーになる」という夢に向けて、大学と専門学校、どちらを選ぶべきか迷っていませんか?

それぞれメリットとデメリットがありますので、今回の記事では、大学と専門学校の違いや特長を徹底解説します。

この記事を読むことで、あなたの進路選択の不安が解消されるだけでなく、自分の将来に合った最適な道を選ぶ手助けとなるでしょう。ぜひ、本記事を学校選びに役立ててください。

スポーツトレーナーになるには大学?専門学校?

スポーツトレーナーになるには、大学と専門学校どちらを選ぶべきかを判断するために、まずはそれぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

大学でスポーツトレーナーを目指すメリット・デメリット

メリット

大学でスポーツトレーナーの道を選ぶ最大のメリットは、学びの幅広さです。

大学では多岐にわたる分野を学ぶことができ、もし在学中に興味や進路が変わった場合でも、学ぶ内容を柔軟に変更することが可能です。これにより、未来の進路選択の選択肢も豊富になるのは魅力的でしょう。

デメリット

大学のデメリットとしては学費の高さが挙げられます。

また、専門的な学びに集中するというよりは、外国語や社会学などの基礎分野の学習時間が増えることもあります。特定の分野に深く特化したいと思っている学生にとっては、無駄な時間だと感じる場合もあるでしょう。

専門学校でスポーツトレーナーを目指すメリット・デメリット

メリット

専門学校でスポーツトレーナーを目指す場合、資格取得に向けた研鑽を集中的に行うことが可能です。

ここでは、専門的な学びが中心となるため、目的に応じたカリキュラムが組まれています。とくに実技授業が大学と比べて多いため、即戦力となるためのスキルと経験も積むことができます。さらに、大学に比べて学費が安いという点も大きなメリットとなります。

デメリット

専門学校にもデメリットが存在します。

一つは、学習のスケジュールが厳しいこと。集中的なカリキュラムが組まれているため、学習量が増えることもあるでしょう。そして、学部や専攻の変更は難しく、一度選んだ道を途中で変更するのが難しい点も注意が必要です。

スポーツトレーナーになるには大学と専門学校はどちらがおすすめ?

スポーツトレーナーになるには大学と専門学校はどちらがおすすめなのかは、その人の状況によって変わってきます。大学がおすすめな人、専門学校がおすすめな人それぞれについて解説していきます。

大学がおすすめな人

大学はあなたの進路選択を広げる場所です。特に、将来をスポーツトレーナーだけに絞っていない、また、他の職種にも興味がある方には大学が適しています。

大学の環境は多様な学問や専門分野を学べるため、自分の将来像を明確にしていない方には最適です。さらに、一般職としてのキャリア選択も視野に入れたい方にとって、大学は選択肢を広げる場として魅力的でしょう。

専門学校がおすすめな人

明確な目標を持ち、そのための資格やスキルを確実に身につけたい方には、専門学校が向いています。

専門学校では、具体的な職種や資格に特化した学びを深めることができます。特に、自分の将来の職業に確信を持っている人は、資格取得の学びから就職のサポートまで、一貫してサポートを受けることができる専門学校がおすすめです。

専門学校は、目標に向かって効率的に学びを進めるための最適な環境を提供してくれます。

スポーツトレーナーになるための大学・専門学校の3つの選び方

ここでは、大学・専門学校を選ぶ際に注目すべきポイントを3つお伝えします。

学習のフォローアップ体制

学校により学習サポートの体制は異なります。何が重要かというと、学びの途中での疑問や不明点をすぐに質問できる環境や、学習意欲を保つサポートが十分に提供されているかどうかです。

例えば、東日本医療専門学校では、生徒一人ひとりに対する丁寧な指導を徹底して行い、教職員全員での日々の声掛けやコミュニケーションを取ることで勉強や生活に関する疑問や悩みを気軽に相談できます。そして、国家試験対策も1年生から行われるなど、しっかりとしたフォローアップがあることが特長です。

求人数の違い

選ぶ学校により、提供される求人の数や質が大きく変わります。

特に、スポーツ関連の職場やチームと提携している整骨院などと繋がりを持つ学校は、就職のチャンスが広がります。学校を選ぶ際は、実際の求人情報や学校の提携先を確認することで、将来のキャリアパスをより明確にすることができます。

就活のフォロー体制

就活を進める上で、学校からのサポートは非常に大切です。

エントリーシートの作成方法や面接の対策だけでなく、企業選びやアポイントメントの取り方まで、詳しく指導してくれる学校がおすすめです。

例えば、東日本医療専門学校の場合は、

  • 会社の選定
  • アポイントの取り方
  • インターンの仕方
  • エントリーシートの書き方、
  • 面接の仕方
  • 内定のお礼状の書き方

など、1から10までサポートが受けられます。

このような充実したサポートを受けることで、スムーズに就職活動を進めることができるでしょう。

まとめ【スポーツトレーナーを目指すなら東日本医療専門学校】

今回の記事では、スポーツトレーナーになるには大学と専門学校どちらがおすすめなのかについて解説してきました。

まだ将来の選択肢を絞っていない方には幅広く学べる大学が、目標が明確な方には具体的な職種や資格に特化している専門学校が合っているでしょう。

スポーツトレーナーを目指している方には、東日本医療専門学校がおすすめです。未来のトレーナーとして磨くべき専門的な知識と実技をしっかりと教える場として定評があり、資格取得の道をスムーズに進むためのサポートが手厚いことが特徴です。

 

東日本医療専門学校には、4つの強みがあります。

  • スポーツ関連科目が充実している
  • プロスポーツ研修を実施している
  • 「クラス担任制」と「マンツーマン指導」で国家資格合格へ導くフォロー体制
  • 1年次からの段階的な「国家試験対策」の補習指導で合格につなげられる

 

スポーツトレーナーを目指すなら、ぜひ東日本医療専門学校を検討してください。

 

お問い合わせはこちら

Instagramはこちら
オープンキャンパスご予約はこちら

お役立ちコラム一覧へ戻る

TOP