アスレティックトレーナーとは?アスレティックトレーナーになる方法も!

アスレティックトレーナーとは何か、またその職業に就く方法について疑問を持つ方は多いです。

この記事では、アスレティックトレーナーの役割や魅力、必要な資格やキャリアパスについて分かりやすく解説します。

プロのアスレチックトレーナーを目指す方、あるいは健康やスポーツ分野でのキャリアに関心がある方にとって、この記事はその第一歩となるでしょう。

アスレティックトレーナーとは

アスレティックトレーナーとは、スポーツ選手の最高のパフォーマンスを引き出すために不可欠な専門家です。

彼らの主な役割は、アスリートの健康を守り、怪我のリスクを減らすことにあります。これには、体調管理、怪我の予防策の提供、またパフォーマンス向上のための支援が含まれます。さらに、アスレティックトレーナーは、スポーツにおける外傷や怪我に対する緊急処置から、リハビリテーションなど医療的なケアにも関与します。

このようにして、彼らはアスリートが常に最良の状態で競技に臨めるよう支える重要な役割を担っているのです。

アスレティックトレーナーの仕事内容

アスレティックトレーナーの仕事内容について解説していきます。

ケガの予防

アスレティックトレーナーにとって、選手のケガを予防することは重要な任務です。

彼らはトレーニングや試合前に選手の体調を細かくチェックし、リスクを最小限に抑えるための対策を講じます。これにはテーピングやサポーターの適切な使用が含まれ、選手が安全にパフォーマンスを発揮できるようサポートします。

アスレティックトレーナーのこのような予防措置は、選手が長期にわたって活躍できる基盤を築くために不可欠です。

現場での応急処置

アスレティックトレーナーの役割には、練習や試合中の怪我に対する迅速な応急処置が含まれます。

選手がアクシデントに遭遇した際、即座に対応して状況をコントロールすることが求められます。この応急処置は、さらなるダメージの防止と選手の早期回復に直結するため、アスレティックトレーナーにとっては極めて重要な仕事です。

迅速な行動が、選手の健康とキャリアを守る鍵となります。

アスレティックリハビリテーション

アスレティックリハビリテーションは、怪我をした選手が競技に復帰するまでの過程で行われるサポートです。

アスレティックトレーナーは、選手個々の怪我の状態や競技レベルを踏まえた、個別化されたリハビリプログラムを計画します。このプロセスには、怪我の治療だけでなく、競技特有の動作の回復も含まれます。

トレーナーと選手が協力して進めるリハビリは、選手が安全に、そして効果的に競技に復帰するための鍵となります。

コンディショニング

アスレティックトレーナーにとって、選手の体調を整えるコンディショニングは欠かせない業務の一つです。

怪我や病気に強い体を作るためのトレーニングメニューを策定し、選手の身体的能力を最大限に引き出すことに努めます。また、選手の栄養面のサポートも重要で、適切な食事計画を提案することで、選手の健康とパフォーマンスの維持・向上に寄与します。

身体検査・測定と評価

アスレティックトレーナーの業務には、選手の筋肉や関節を含む身体全体の検査と評価が含まれます。

これは、怪我の有無やそのリスクを評価し、選手が常に最良のコンディションで競技に臨めるようにするために不可欠です。これらの検査により、個々の選手に最適なトレーニングやケアのプランを策定し、競技能力の向上と健康の維持に貢献します。

健康管理

アスレティックトレーナーは、怪我の予防を中心に選手の健康管理を行います。

これには、怪我をしにくい身体づくりのためのアドバイスや、日常生活で気をつけるべき点の指導が含まれます。トレーナーは選手の健康状態を継続的にモニタリングし、最適なコンディショニングを提供することで、長期的なキャリアのサポートを行います。

スタッフへの教育

アスレティックトレーナーの役割は、選手だけでなく、チームスタッフやコーチ、監督への教育も含まれます。

選手の健康管理や怪我の予防に関する知識を共有し、チーム全体のパフォーマンス向上を目指します。このような教育は、選手だけでなくチーム全体の健康と安全を守るために重要であり、トレーナーの専門知識と経験がチーム全体の成長に寄与します。

アスレティックトレーナーの年収

アスレティックトレーナーの年収は、様々な要因によって幅があります。一般的には、年収は約300万円から500万円の範囲で推移すると言われています。

この収入の幅は、就職先の企業や施設の種類、さらにはトレーナー個人のスキルや経験によって変動します。例えば、高い専門性を持つトレーナーや、一流選手をサポートするようなポジションでは、より高い収入を得ることが可能です。一方で、経験が浅いトレーナーや小規模施設で働く場合は、収入が低めに設定されることもあります。

アスレティックトレーナーの年収は、そのキャリアパスや職場環境によって大きく異なると言えるでしょう。

アスレティックトレーナーになるには

 

アスレティックトレーナーになる方法について解説していきます。

アスレティックトレーナーになる流れ

アスレティックトレーナーを目指す方は、専門学校や大学での学びが一般的なスタート地点となります。

ここでは、スポーツ医学や運動生理学など、アスレティックトレーナーとして必要な専門知識を深めることができます。また、理論だけでなく、実践的なスキルも身に付けることが重要です。

このような教育機関での学びを通じて、アスレティックトレーナーとしての基盤を固め、実際のスポーツ現場で活躍するための準備を整えることが求められます。

アスレティックトレーナーに必要な資格

アスレティックトレーナーになるために法的に必要な資格は特にありませんが、プロのスポーツ界で働くためには「日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー」の資格が実質的に求められることが多いです。

また、アスレティックトレーナーやスポーツトレーナーとしてのキャリアを考える際には、理学療法士や柔道整復師といった国家資格を取得しておくことが推奨されます。これらの資格は、専門的な知識と技術を証明するものとして、トレーナーとしての信頼性や機会を広げる重要な要素となります。

アスレティックトレーナーの就職先

アスレティックトレーナーの主な就職先をご紹介します。

プロチーム

アスレティックトレーナーがプロチームで働くことは、非常にやりがいのある経験です。

ここでは、一流のアスリートをサポートし、彼らのパフォーマンス向上に直接貢献します。確かに、プロ選手を相手にする仕事は簡単ではありませんが、その分、選手の成功に直結する役割を果たすことは、極めて充実感のあるキャリアと言えます。

トレーナーとしての技術や知識が直接選手の成績や健康に影響を与えるため、専門性と責任感が求められる職場です。

スポーツジム

スポーツジムやフィットネスクラブでのアスレティックトレーナーの仕事は、多様な年齢層や背景を持つ人々に対応することを要求されます。

学生、主婦、ビジネスパーソン、高齢者など、それぞれのニーズに合わせたトレーニングプランの提供が必要です。このような環境では、個々の目標や身体的条件に合わせたカスタマイズされた指導が重要となり、トレーナーの適応力と柔軟性が試されます。

多種多様なクライアントと接することで、広い範囲の知識と技術が身につきます。

医療機関

医療機関で働くアスレティックトレーナーは、怪我の治療を主な業務としています。

病院や整骨院では、怪我をした患者のケアに加え、怪我の予防やコンディショニングを目的として来院する人々にも対応します。このような場では、怪我の治癒プロセスを支援するだけでなく、再発防止や体調管理のためのアドバイスも重要です。

アスレティックトレーナーが医療機関で働くことは、治療と予防の両面における専門知識と技術を活かす絶好の機会となります。

まとめ【アスレティックトレーナーを目指すなら東日本医療専門学校】

アスレティックトレーナーになる道は挑戦的であり、成功するには専門的な知識と実践的技術が必要です。合格率が約20%という難関を乗り越えるには、適切な教育機関での学習が不可欠です。

そこでおすすめなのが、東日本医療専門学校です。

同校は、アスレティックトレーナーを志す学生に対し、必要な専門知識と技術を網羅的に教授することで評価されています。その高い評価の理由は、質の高いカリキュラム、充実した施設、そして経験豊かな専門家たちによる指導にあります。

東日本医療専門学校には、4つの強みがあります。

  • スポーツ関連科目が充実している
  • プロスポーツ研修を実施している
  • 「クラス担任制」と「マンツーマン指導」で国家資格合格へ導くフォロー体制
  • 1年次からの段階的な「国家試験対策」の補習指導で合格につなげられる

興味がある方は、東日本医療専門学校での学びをぜひ検討してみてください。

お問い合わせはこちら

Instagramはこちら
オープンキャンパスご予約はこちら

お役立ちコラム一覧へ戻る

TOP