柔道整復師とは

柔道整復師とは?

柔道整復師とは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどの外傷に対して、手技療法や物理療法(電気や温熱刺激を用いた治療法)などを組み合わせた保存療法(手術や投薬をしない方法)を患者さんに行い、ケガからの早期回復を支援する職業(医療系国家資格)です。柔道整復師は骨や筋肉、関節などを熟知しているため、さまざまなフィールドで活躍しています。整骨院・接骨院以外にもトレーニング施設、病院、介護福祉施設などで勤務したり、スポーツトレーナーとして活動している方もいらっしゃいます。

スポーツトレーナーとして
選手をサポート!

プロスポーツから学生チームまで、幅広いスポーツフィールドでスポーツトレーナーとして活躍しています。特にプロスポーツの現場では選手のケガに対し、直接施術が出来る医療系国家資格者(柔道整復師など)が求められます。民間資格のトレーナー関連資格もありますが、それだけではトレーナーになるのは難しいのが現状です。スポーツトレーナーとして活躍するためには、医療系の国家資格が重要です。

介護福祉分野で
機能訓練指導員として活躍!

機能訓練指導員とは、柔道整復師の資格と同時に取得できる資格で、特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護福祉施設で利用者の生活機能向上を目的とした運動指導を行うことができます。介護福祉施設は運動器(骨や筋、関節など)を専門とする柔道整復師の活躍の場のひとつとなっています。

自分の治療院を開業!

柔道整復師は独立開業が法律で認められているので、接骨院・整骨院を開業することができます。院長としてこれまでに培った知識や技術を駆使して施術を行い、必要に応じて医療機関の受診を促すことで、患者さんが抱えているケガや病気の回復にとって1番ベストな方法でトータルサポートすることが可能です。このように柔道整復師が地域に根差した社会貢献ができるのも、独立開業が許されている数少ない医療系国家資格だからなのです。

TOP